February 13, 2008

自費出版 出版社 新風舎

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版を行っている出版社で、気になる会社

有名な会社を幾つかピックアップしたいと思います。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


新風舎

新風舎は、自費出版・共同出版を行なう出版社として有名な会社の一つで、東京都で創業し、東京南青山に本社がある出版社です。


新風舎は一般の人から出版したい原稿を持ち込んでもらって出版する事を目的に設立された出版社で、1996年から「新風舎出版賞」を企画して大手新聞や公募ガイドなどに広告を出すなどして、広く原稿を募集していました。

商業出版として利益ベースに乗らない作品でも、書籍化に必要な費用を著者に負担させる事で出版し、契約内容に関る料金計算などのトラブルから訴訟を起こされることが度々ありました。


新風舎は出版した書籍の広告を請け負う業務も行なっていて、書店陳列の契約に納得いかない著者などに、広告費用を追加負担させるシステムもあったようです。


新風舎から本を出版した人の中には、「うしろにいるのだあれ」の絵本作家「ふくだとしお」や「まさかさかさま」の絵本作家「伊藤文人」、オウム問題などで有名になった、「江川紹子」などもいて、彼女は新風舎から5冊著書を出版している事もあってか、新風舎が疑われている詐欺的な意見に反論していたようです。



新風舎は「新風舎出版賞」で大賞からもれた応募作品の著者に、自費出版での製本販売を提案する営業活動を行い、多くの出版契約を取り付けたが、悪徳商法として複数の書籍などで取り上げられるなどしたこともあり、2007年頃から経営が悪化、2008年1月には東京地方裁判所に申し立てていた民事再生手続も廃止され破産手続へと移行しています。

新風舎が出版契約をし、未だに出版されていない契約者は約1000人以上いると言われ、その前受け金の総額は10億円を超えるそうです。

この出版されていない著者の受け入れ先を探している動きもあるようですが、新風舎が破産した後、この自費出版の費用をすでに出している人たちがどの様になり、新風舎がどう賠償するのか注目したいところです。



この「新風舎」項目は新しいニュースが出てますので、

また後日、新情報を噛み砕いてご紹介したいと思います。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Yahoo!ブックマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド