February 13, 2008

まぐまぐ自費出版

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

まぐまぐ自費出版


「まぐまぐ自費出版」は、1冊あたり227円で自費出版できる低価格が魅力で、製本の目的に合わせて2つの出版タイプがあります。


「本格派自費出版タイプ」は1冊あたり227円〜で、最低300冊から注文ができ、書店流通オプション(有料)にも対応しています。

まぐまぐ自費出版ホームページには、自費出版料金の見積もりがワンクリックで出来る「クイック見積もり」もあるので活用してみてはいかがでしょう。

「プライベートブックタイプ」は1冊あたり1566円〜で、30冊から販売していています。何かの記念の本など作りたいときに最適なプランですね。サンプル本があるので確認してみると良いです。

「まぐまぐ自費出版」は、原稿からおこした文章の文字の配列や大きさ、製本された時のカバーデザインなどの製作作業まで追加の料金無しで出版までのサポートを提案してくれています。

1冊あたり227円から製本できる「本格派自費出版タイプ」では、「書店流通オプション(有料)」というリアル書店の店頭や「Amazon(アマゾン)」などのネットの書店で販売してくれるオプションがあり、書店に配布される広報誌への掲載を無料で、予約のチラシ(別料金)の作成など、書店での販促をサポートしてくれます。

さらに、メルマガ最大手のまぐまぐ自費出版ならではですが、まぐまぐメルマガを活用してのプロモーションも行い、ネット書店での販売を支援してくれます。


出版原稿の受付は、詩や小説、自伝自分史などの原稿はテキストデータなどで、写真集や絵本の自費出版の場合は、CDメディアなどに保存して郵送するか、メール添付でも可能なようですが、手書きの原稿の場合は、入力費用が発生します。


原稿を提出して編集、製本までにかかる時間は、印刷・製本だけで3週間ぐらいかかるので、原稿の校正が早ければ2ヶ月を切るぐらいで、平均は3ヶ月ぐらいで、自費出版で製本された商品が手に届くようです


増刷する場合の料金は、最初の製本編集にかかった制作費等が発生しないので、初版よりも安く、だいたい2割〜4割程度安い料金で印刷できると言われています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Yahoo!ブックマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド