February 12, 2008

文芸社 訴訟トラブル 文芸社商法とは

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版の費用トラブル等の訴えで、

現在事業継続中の出版社で

もっとも有名なのは「文芸社」でしょうか。

そして「文芸社商法」と名付けられ

悪徳商法として言及されているのはどの様な部分なのでしょうか?



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


文芸社の基本的なビジネスモデルは、自分の小説や絵本、画集、自分史自伝などを出版したいという人に、製本や販売などの出版費用を負担してもらう事で利益を得る「文芸社商法」と呼ばれるシステムになっているので、著者が書籍の販売を文芸社側から提案された事で、自分の作品が商業ベースに乗るものだと錯覚し、訴訟問題になるなどのトラブルが頻発しているようです。


文芸社が訴訟を起こされるなど、自費出版する人に言及されている部分は、「出版費用の水増し」、「書店に出版した書籍をおく過程にかかる販売営業費用の不当請求」、そして「文芸社と契約している書店に陳列されるという契約が守られていない」、などがあげられています。


そういった「文芸社商法」と呼ばれて、詐欺や訴訟の対象にされている文芸社との取引内容は、悪徳商法関連の書籍やインターネット上でも多く掲載されていますので、さらに詳しく知りたい方は、そちらも参考にしてみてください。



文芸社の自費出版・共同出版で、訴訟発展したトラブルのケース。


自費出版の大手出版社「文芸社」が訴訟を起こされたケースの一つに、高村明子さんのケースがあります。

高村さんは、文芸社と制作費を負担して書籍を出版する「共同出版(協力出版)」の契約により本を出版しましたが、出来上がった本の品質などについて、契約内容との違法性を訴えて訴訟を起こし、その実体験を『泣き寝入りしたくない人のための本人裁判のススメ』という本にして出版しています。


文芸社に対して起こした訴訟の要点は、

・出版された本の紙質が見積りの説明のときと仕様が異なる。

・文芸社と製本・販売などの出版費用を共同で負担するという契約内容だったのに、虚偽の請求や不当な水増し費用が盛り込まれ、実際出版にかっかた費用のすべては著者が負担する事になった

という点です。


結果を申し上げると、文芸社を共同出版の契約違反で訴えたこの訴訟は敗訴に終わりってしまいました。

判決の要点となったのは、「見積書や勧誘文書」に書かれていた事と、「契約書」に書かれていた内容に相違があった部分で、著者の高村さんが「見積書や勧誘文書」に書かれていた事と実際の出版方法について契約違反を訴えたのですが、文芸社側は「見積書や勧誘文書」に書かれていた内容でも「契約書」には書かれていないと主張し、それを裁判所側が認めたと言う点です。


上にあげた、文芸社に対して起こした訴訟の2つの点は、「見積書や勧誘文書」には書かれていましたが、「契約書」には書かれていなかったのです。


この訴訟と判決の内容を読んでみると、「文芸社商法」と呼ばれるシステムは、文芸社側は自費出版を夢見ている人に低い敷居をみせて勧誘し、出版の具体的な段階になってから「契約書」という用意された抜け道で訴えを回避する、そういう商法であると考えることができますよね。


文芸社の売り上げの半分ほどが、自費出版原稿募集の広告費用に使われている事を考えても、文芸社の「文芸社商法」というビジネスモデルは明らかではないでしょうか


自費出版の契約と言うものは、会社対個人ですよね。つまり文芸社などのビジネスモデルを構築している出版社に対して、自費出版する人は法的にもまったく素人で、カモになりえると言う事なのでしょう。


それを踏まえて私たち一般市民は、契約と言う法的な事に対して最低限の知識を持つという備えは必要なのだろうと考えます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hanachan-234   October 31, 2009 16:32
素人の出版希望者は気をつけねばならないということですね。
2. Posted by 以前出版した著者   January 03, 2011 12:32
私も以前、文芸社から出版した著者です。契約の時はすばらしい作品だからあなただけ特別に文芸社がお金出すから共同出版しましょうと言われて契約しました。本来300万円のことろを文芸社が100万円出すと言われて200万円も現金で支払いました。
ずいぶん高いと思いましたが本が売れたら印税が入ってきて200万円の元が取れると言われました。
また、本がテレビドラマになればもっと印税が入るとも言われました。
しかし結果はまるで売れず、印税なんて入ってきませんでした。文芸社も100万円支払ったから損したのかと思いましたが、その様子がなく、売れないでどうするのかと聞いたら「売れなければお金返すなんて契約書に書いてないから諦めて下さい」などと言われました。
その後、何度か訪問しても「出版が終わったらもう当社は関知しない」なんて冷たいことを言われました。
その後しばらくして倉庫にある本を処分しますかなどと連絡が来ました。そんな話聞いてなかったのでひどいショックでした。
共同出資なんていいながら本当はお金なんて支払っていないと思いました。ある本で読んで知ったのですが、自費出版の
コストは50万円くらいだそうです。
つまり私は200万円も払っていながら150万円もピンはねされたようです。
これって犯罪ではないでしょうか。
何とか文芸社を詐欺で刑事告訴できないでしょうか。
3. Posted by S.T.   January 09, 2011 19:07
私も昨年に文芸社で自費出版しました。今思えば契約の時は大げさにほめられてだまされたと思っています。コンテストに応募したのですが、惜しくも落選したけどプロの審査委員がとてもほめているから是非共同出資で出版しましょうといわれて思い切って契約しました。本が売れなければ文芸社も困ると言われました。                しかしこうして皆さんの書き込みを見ると共同出資なんてウソのようですね。
自費出版のコストが50万円なんて本当でしょうか。私は現金で220万円も支払いました。共同出資なのに私に利益上乗せしたのでしょうか。       本が売れなくても文芸社は損しない仕組みなのでしょうか。そんなこと契約時に聞いてなっかっただけに、何とか返金できないでしょうか。本が出版して陳列が終わった今ではもう無理でしょうか。 詐欺で訴えるといっても手続きとかどうすればいいのでしょうか。
4. Posted by Boo!   July 05, 2011 18:36
自費出版のコストが50万円と書いてあった本は何でしょうか? たった50万円では印刷製本の代金にもなりませんよ。オンデマンド印刷でも100〜200部ぐらいしか本が作れません!もちろん一般流通などできるはずも無く、この金額では書店に並ぶ事はありえません。
発行部数や紙質にもよりますが、製本されて一定期間書店に並んでいたのならば200万円以上かかるのは当然です。もしそれが書店に並ぶ事も無く印刷製本後に倉庫にしまってあったならば詐欺っぽいですけど。
自費出版が50万円って出版社や編集者も無しで全部著者自身で作り上げて印刷所も自分で探して料金を交渉して、ISBNなども自分で申請して、取り次ぎも使わないで自分で各書店と契約するなど全部自分でやればギリギリできるかどうかぐらいの金額ですよ(ほとんどは印刷製本の料金です)!
5. Posted by nao   August 06, 2013 17:22
3 とある出版社二社と
ブログ社二社に写真集の話を持ちかけたところ
作品じたいは良いのだが
携帯データだからと言うだけで
画素数が悪いからと断られました。

一社に至っては携帯だからと根っからのバカにした様子

出版のプロたるものが
携帯だからと本が作れないなんて…と
思案していたところ名乗りをあげてくれたのが文芸社さんです。

金額もさほど高くなく
相応の自費出版金額にスタッフサポート、編集費用、
全国流通他の費用が加算された程度です。

何より自社が請け負います。と、担当者の誠実な人柄と熱意
批評の細かな受け取り感想と問題提起
と、いうことで文芸社より本の出版の運びになりました。

…まぁ
モザイク写真集にはならないとは思いますが…

ネット上色々と叩かれているようですが
噂の拡大に過ぎないと
私は思います。




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Yahoo!ブックマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド