無料出版【商業・企画出版】

February 13, 2008

小説自費出版【大賞公募で無料出版】

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自分の書いた作品を、自費出版でなく無料で商業出版するには

出版社の企画する「新人文学大賞」などに選ばれる事が一つの方法です。


小説を主として、文学大賞にはどのようなものがあるかご紹介しますね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



大賞公募の小説カテゴリーは、歴史も古く、大賞賞金も高額であるものが多いですが、選考は非常に厳しい賞がほとんどです。

逆に有名な小説の賞ほど著名な作家を数多く輩出していますので、実力を伴って文壇にデビューするにはうってつけの公募だといえます。


「すばる文学大賞」「すばる新人賞」は、集英社が主催する大賞公募で、小説家を志望する人にとって、最も格式の高い賞の一つです。大賞受賞作品は、集英社の文芸誌「すばる」に掲載されます。

集英社が最近はじめた文学賞で「開高健ノンフィクション賞」があります、この賞は、開高健を記念して作られた賞で、選考委員には、筑紫哲也・崔洋一などがいます。



河出書房新社が主催する「文藝賞(ぶんげいしょう)」は、1962年から行なわれている歴史の長い文学賞で、賞金はけして多くないですが、受賞すると文学雑誌『文藝』に掲載され単行本としても出版されますし、「野ブタ。をプロデュース」のようにテレビドラマの原作になるなど受賞後多くのメディアに広まる事も多いです


2005年には中学3年生の受賞者が出るなどして、近年の作家低年齢化の先駆けになっている賞ともいえます。

読売新聞社と清水建設が共同主催し、新潮社が出版する「日本ファンタジーノベル大賞」はプロ・アマ問わずに作品を募集していて、大賞500万円の高額賞金の公募で、受賞後小説がアニメ化されることで有名な賞です。

新潮社の公募新人文学賞には「新潮新人賞」もあって、こちらは2008年から小説のみの募集になったようで、受賞作品は文芸誌「新潮」発表されます。


江戸川乱歩の寄付が基となって作られた「江戸川乱歩賞」は、1954年から行なわれている探偵小説に特化した文学賞で、推理小説作家への登竜門として絶対的な地位にある賞です。大賞受賞すると江戸川乱歩像と1000万円がもらえ、講談社から出版されます。

現在では後援にフジテレビが加わっていて、受賞作が単発ドラマ化や映画化されています。


「群像新人文学賞」は講談社の文芸誌「群像」で設けられた公募文学賞で、1958年の古くから行なわれています。

当選作品が出ない年が度々ある文学賞ですが、過去には「村上龍」「村上春樹」などの現在も著名な小説作家を多く輩出しています。


「恐怖を通して人間の光と影を描こうとしている書き手のため」というニッチなテーマ絞られた「日本ホラー小説大賞」は、角川書店とフジテレビが主催し、入賞すれば賞金500万円〜200万円、角川書店よりの書籍出版とフジテレビでのテレビドラマ・映画化・ビデオ化がされるという、書き手の夢と意欲を大変盛り上げる受賞特典なのですが、商業ベースでの審査基準であることから大賞受賞は難関のようです。

過去の受賞作品では「パラサイト・イブ」が記憶に残っています。



同様にテレビドラマ化される大賞公募の新人文学賞には、「横溝正史ミステリー大賞」があります。

こちらも角川書店がテレビ局と協賛している賞で、カテゴリーは探偵小説作家横溝正史にちなんだミステリーに特化しています。

大賞を受賞すると、金田一耕助像と400万円、そしてテレビ東京賞の受賞者には、賞金100万円のほかにテレビ東京『水曜ミステリー9』でのドラマ化が約束されます。


最近設立された大賞でジャンルに特化しているものが、「幻冬舎アウトロー大賞」です。
団鬼六、浅田次郎などの数々の名作小説を出版し熱狂的なファンの多い「幻冬舎アウトロー文庫」が創刊5周年記念ではじめた文芸大賞で、常識やルールに縛られない独自視点で描かれた、アウトロー作品を募集しています。

その他、2006年に新設された講談社主催の「小説現代長編新人賞」など、小説関連は多くの公募新人文学賞がありますので、折角書いて応募するなら、応募対象のジャンル・規定など、自分の作品とスタイルに合うものを選んで応募しましょう。


jihisyuppann at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

自費出版でなく無料出版【商業出版・企画出版】

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



出版する方法 商業出版・企画出版

自分の作品があるからには、自費出版ではなく、出版社に認められて無料で編集製本してもらえる、商業出版できる事が1番の希望ですよね。

絵本や写真集・自分史自伝・小説など、どのような形で商業出版してもらえるのか

とりあえず幾つかピックアップしてみました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



最も認知されている方法として出版社が企画している、小説や絵本・詩句などの様々な文芸大賞に応募し、受賞する事で出版してもらう方法があります。

一部公募文芸大賞などの場合は、賞を取れなくても出版してくれる場合もありますしね。

ただその場合も、自費出版・共同出版を持ちかけられた場合は、料金や費用などの契約内容には注意してくださいね。

ここ何年増加して、定番化している方法では、ブログや携帯小説からの書籍出版というケースがあります。

もちろん費用の自費出資のない、出版社100%出資の商業出版・企画出版です。

携帯小説やブログというものは、アクセス数というものが計れデータとして残ります。そしてそのデータでは、どのぐらいリピーターがいるとか読んでる人を統計化もできます。

つまり人気がある記事は目をつけられて、どんな形態で出版して、どの程度の売り上げが見込めるかも簡単に予測できるわけです。

最近では携帯より、紙媒体の本が読みやすいと言う意見も多く、書籍化されてから更に売り上げが爆発するケースも多いようです。


同様に、小説などの出版とは少し違うかもしれませんけど、自分の趣味を文章化できなくても、構成の簡単なブログなどで、情報を公開するだけでも出版される事はあります。

内容が有益なものなら、文章化と編集はプロがやればいいのですから。


余談ですが、最近ではこの流れで、サイトの売買というものも増えてきています。

有益な情報の多いサイトで人の集まっていないものはたくさんあります。

ネットならではのアクセスの誘導措置をしなければ、人の目に付かず埋もれてしまいますから、自費出版の書籍と同じですよね。


ちなみにブログの著作権は、ブログを書いた本人に著作権があると、ほとんどのブログ運営会社が規約に明記していたり、条文を追加してブログ記事著作権の所在を明らかにしています。


閑話休題。

ブログや携帯小説の書籍化出版を行なっている出版社では、ライブドアHDの「ライブドアパブリッシング」という出版社があります。

見城氏の幻冬舎子会社「幻冬舎ルネッサンス」との合弁のようです。

ライブドア事件で事業が止まっていましたが、2007年に再開して、携帯小説の書籍化をしています。

主にライブドアブログからブログ記事の書籍化を行なっています。

以前はホリエモンの著書が殆どでしたが、これからライブドアブログや携帯小説の書籍化が増えそうです。


最も普通の方法で商業出版を行うとすれば、出版社に原稿を持ち込むという方法があります。

全くなんの紹介も無く、原稿を出版社に持っていく事は勇気がいることですね。特に小説などは読み切るまでに時間もかかるので、編集者に読んでもらうまででも簡単には行きません。

逆に漫画などの場合は、短編読みきりのような物でも、自分の作品をアピールしやすいと言えるでしょう。

現在著名な漫画家などになっている人の中には、自分の書いた漫画原稿を何度も出版社に持ち込み、顔を覚

えてもらって、やっと作品に目を通してもらって、それから編集者の指摘を何度も修正する事で漫画のグレードを上げていって掲載までこぎつけた、というような話も少なくありませんでした。


漫画の商業出版に関しては、雑誌単位で新人賞を企画している出版社も多く、

別項目で紹介している「幻冬舎コミックス」などでは、賞の企画だけでなく、東京本社への原稿の持ち込みを受け付けている事をサイトでも明記してますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

jihisyuppann at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド