アニメ系小説

October 17, 2009

小説自費出版の方法 ファンタジア長編小説大賞実体験

ファンタジー系の小説公募

小説を書いている人やファンタジー系小説のファンの中にもプロの小説家になりたい人や、自分の小説をたくさんの人に読んでもらいたいという欲求を抱えている人は多いのではないでしょうか。

自費出版では詐欺のまがいの危険があったり、自費で出版はしたけれど殆ど売れることなく返本されて買い取らなくてはならなかったりする事が殆どです。

プロの小説家になり多くの人に読んでもらうには実際に評価される作品でなければなりません。

そう考えると小説の大賞公募などで実力を認められて無料で出版される事のほうがむしろ現実的ともいえるでしょう。

携帯小説やブログで多くの読者をつかんだりして認められる方法もありますが、今回は実際に富士見書房のファンタジア長編小説大賞を切欠にプロの小説家になった「魔術士オーフェン」で有名な小説家、秋田禎信さんにインタビューした記事をGIGAZINEで見つけたので小説で自費出版や大賞公募でプロの小説家になりたいファンタジー系小説のファンの人も御覧になってみてはいかがでしょうか。

>>>BY GIGAZINE
>>>プロの小説家になるにはどうすればいいのか?「魔術士オーフェン」で有名な小説家、秋田禎信さんにインタビュー



jihisyuppann at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド