文芸社自費出版

February 13, 2008

文芸社 自費出版 出版社

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版を行っている出版社で、気になる会社

有名な会社を幾つかピックアップしたいと思います。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

文芸社


東京都新宿区に本社のある、自費出版・共同出版を手がける出版社で、書籍の自費出版を目指す人に向けて、無料の出版相談会を東京・大阪・名古屋・福岡など各地で行い、文芸社本社のある東京近郊では無料の執筆出版相談会を行っています。

その他、文芸社本社では作家による、書き方講座も無料で行なわれているようです。


インターネットや新聞広告、または文芸社が企画する無料の出版相談会などを通じて、一般の人から原稿を募集していますが、文芸社の売り上げの半分ほどはこういった広告費などに使用されているようです。


文芸社に原稿を持ち込んで販売し、ベストセラーになった小説家は、2001年に『リアル鬼ごっこ』でデビューし、映画化もされる「山田 悠介」や、「心霊探偵 八雲」「赤い隻眼」で小説家デビューした「神永 学」などがいて、現在も小説が漫画化されたりするなどして活躍しているようです。

作品が多くの人に受け入れられた点は別にして、自費出版に関った文芸社を考える論点としては、「山田 悠介」の『リアル鬼ごっこ』にしても、文章表現として明らかに誤っているものや不自然なものが多く、文芸社が文章の編集にまったく関心が無かったのではないかと自然に想像しました。


その他文芸社の作品では、「おばあさんの反乱〜遺産はだれのモノ?」などに代表される、テレビ朝日系列にて放映されている「文芸社新春ドラマスペシャル」などの原作に使用される例もあります。



新聞等で自費出版・共同出版の広告を多く出している文芸社は、原稿を持ち込んだ一般執筆者などとトラブルになる事も多く、自費出版を希望する人からの出版費用で会社の利益を上げる文芸社のビジネスモデルは「文芸社商法」と呼ばれていて、ネット上のサイトや悪徳商法関連の本などでも取り上げられています。


2008年1月からは、文芸社から書籍をだした小説家の対談や、「文芸社ドラマスペシャル」の製作余話、文芸社が催している「書き方コラム」などの内容の「ことのは」という無料雑誌を創刊して、自費出版希望者に新たなアピールをはじめています。


文芸社は「社団法人 日本図書館協会」「財団法人 出版文化産業振興財団」に加盟する会社で、「文芸社フェニックス大賞」を主催して出版できる原稿を募集しています。

「文芸社フェニックス大賞」で大賞をとると、文芸社から企画出版(出版費用が文芸社全額負担)されるようですが、大賞の出ない場合もあるようです。

その他自費出版でなく、著者が出版費用をださない、文芸社負担の無料出版の企画も2007年に行なわれていたようです。


文芸社の自費出版トラブルに関する記事は、自費出版訴訟トラブルのほうに掲載していきますので興味があればご覧下さい。

jihisyuppann at 14:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

February 12, 2008

文芸社 訴訟トラブル 文芸社商法とは

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版の費用トラブル等の訴えで、

現在事業継続中の出版社で

もっとも有名なのは「文芸社」でしょうか。

そして「文芸社商法」と名付けられ

悪徳商法として言及されているのはどの様な部分なのでしょうか?



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


文芸社の基本的なビジネスモデルは、自分の小説や絵本、画集、自分史自伝などを出版したいという人に、製本や販売などの出版費用を負担してもらう事で利益を得る「文芸社商法」と呼ばれるシステムになっているので、著者が書籍の販売を文芸社側から提案された事で、自分の作品が商業ベースに乗るものだと錯覚し、訴訟問題になるなどのトラブルが頻発しているようです。


文芸社が訴訟を起こされるなど、自費出版する人に言及されている部分は、「出版費用の水増し」、「書店に出版した書籍をおく過程にかかる販売営業費用の不当請求」、そして「文芸社と契約している書店に陳列されるという契約が守られていない」、などがあげられています。


そういった「文芸社商法」と呼ばれて、詐欺や訴訟の対象にされている文芸社との取引内容は、悪徳商法関連の書籍やインターネット上でも多く掲載されていますので、さらに詳しく知りたい方は、そちらも参考にしてみてください。



文芸社の自費出版・共同出版で、訴訟発展したトラブルのケース。


自費出版の大手出版社「文芸社」が訴訟を起こされたケースの一つに、高村明子さんのケースがあります。

高村さんは、文芸社と制作費を負担して書籍を出版する「共同出版(協力出版)」の契約により本を出版しましたが、出来上がった本の品質などについて、契約内容との違法性を訴えて訴訟を起こし、その実体験を『泣き寝入りしたくない人のための本人裁判のススメ』という本にして出版しています。


文芸社に対して起こした訴訟の要点は、

・出版された本の紙質が見積りの説明のときと仕様が異なる。

・文芸社と製本・販売などの出版費用を共同で負担するという契約内容だったのに、虚偽の請求や不当な水増し費用が盛り込まれ、実際出版にかっかた費用のすべては著者が負担する事になった

という点です。


結果を申し上げると、文芸社を共同出版の契約違反で訴えたこの訴訟は敗訴に終わりってしまいました。

判決の要点となったのは、「見積書や勧誘文書」に書かれていた事と、「契約書」に書かれていた内容に相違があった部分で、著者の高村さんが「見積書や勧誘文書」に書かれていた事と実際の出版方法について契約違反を訴えたのですが、文芸社側は「見積書や勧誘文書」に書かれていた内容でも「契約書」には書かれていないと主張し、それを裁判所側が認めたと言う点です。


上にあげた、文芸社に対して起こした訴訟の2つの点は、「見積書や勧誘文書」には書かれていましたが、「契約書」には書かれていなかったのです。


この訴訟と判決の内容を読んでみると、「文芸社商法」と呼ばれるシステムは、文芸社側は自費出版を夢見ている人に低い敷居をみせて勧誘し、出版の具体的な段階になってから「契約書」という用意された抜け道で訴えを回避する、そういう商法であると考えることができますよね。


文芸社の売り上げの半分ほどが、自費出版原稿募集の広告費用に使われている事を考えても、文芸社の「文芸社商法」というビジネスモデルは明らかではないでしょうか


自費出版の契約と言うものは、会社対個人ですよね。つまり文芸社などのビジネスモデルを構築している出版社に対して、自費出版する人は法的にもまったく素人で、カモになりえると言う事なのでしょう。


それを踏まえて私たち一般市民は、契約と言う法的な事に対して最低限の知識を持つという備えは必要なのだろうと考えます。

jihisyuppann at 17:07|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド