新風舎トラブル

April 06, 2008

新風舎 破産続報 【自費出版トラブル・訴訟・被害】

新風舎破産手続きその後


2008年1月に会社更生法による経営再建を断念した新風舎ですが、同じ自費出版の出版社である文芸社が新風舎の事業を2月29日に譲渡契約によって受け継ぐことになって、新風舎は正式に破産することになったようで、その譲渡の金額は風説で4000万円程度だといわれています。

>>>新風舎が倒産手続 byGIGAZINE


問題になっていた新風舎が契約済みで書籍の発行がされていない約1000人分の契約も文芸社が引き継ぐようで、文芸社側は発行できなかった著者に対して、それぞれ新たな契約料金を提示するとのことです。

この出版希望者に提示される料金は「利益を見込まない最低の経費」と新風舎の保全管理人が語っていたようなのですが、文芸社はもともと自費出版したい著者に追加の料金を払わせて利益を取っているのだから、最低の金額はただの出版で、いろんな書店の店頭に置いたりする追加費用の営業すると考えられますよね。


新風舎の事業譲渡は、文芸社以外の出版社がすべて固辞した様に、出版費用のかからない商業出版で書籍化できる契約(作品)は、新風舎と契約していた人には無いと考えているのだと推測できます(勿論これは著者の能力ではなく新風舎のデタラメな経営体制の問題ですが)。

それを買った文芸社は、表面上“救済”のような事を言っていますが、当然利益を見込んでいるし、自費出版社の文芸社からすれば大きなライバルがいなくなって、自費出版業界で独占的な囲い込みのよいチャンスですよね。

一部では新風舎倒産を誘引した動きが文芸社の関係者の中にあったとも言われていますしね。


何にせよ、新風舎で被害を受け出版の機会を逃した人たちは、すでに戻らないことになった費用の為にも、この文芸社から提案される出版機会を無視することはできないでしょう。

そこで更なる被害にあわないで、出版の希望が叶ってほしいとおもいます。

jihisyuppann at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 12, 2008

新風舎の自費出版トラブル・訴訟・被害

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版の悪名を高めた筆頭格と言われる出版社

「新風舎」の製本や販売方法とは

どんなものだったのでしょうか?


現在倒産手続き中の「新風舎」を考察してみましょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007年ニュースでも報道され、
自費出版最大手と言われていた「新風舎」へ、詐欺被害を訴えている人たちの実話の一つからご紹介します。


朝日新聞の広告で、大手自費出版社として周知されていた「新風舎」は賞コンクールを主催して作品を募集していたようです。

原稿を応募した人に1次審査通過などの連絡をした後に、2次で落選の通知。

その後「新風舎」の編集者から連絡があり、
大賞は逃したものの、編集者などからの評判がよかったなどと言って、出版の共同企画の可能性をほのめかせて、東京にある「新風舎」まで原稿を持ってくるように連絡が来ました。


東京で「新風舎」の担当者に会うと、自費出版のための費用を幾ら出せるか、など原稿内容の話ではなく、料金の話ばかりだったとのことです。

販売の方法などについて尋ねると、新風舎で自費共同出版の契約すれば、800以上の書店と海外にも出せるなどと話を膨らませてきたそうです。

自費出版の契約を決めると、まず費用を振り込み、更に編集や製本などで追加の料金も請求されました。

絵本や写真などの自費出版の場合、その担当のデザイナーという人たちを新風舎がわが連れて来て、製作編集の打ち合わせが行なわれ、自費出版しようとしている人を、しきりに持ち上げるなどしてきたようです。
印刷の状態や製本段階の編集など、自費出版する人の意見は新風舎側の担当者はほとんど受け入れなかったと言われています。


印刷されて製本された物は、自費出版をした人が到底納得できないものだったようで、新風舎が費用がかからないように、格安の制作費で作ったと言われています。

抗議する為に新風舎に電話してみると、担当者は辞めていて、出版されたはずの絵本は、新風舎に問い合わせるまで書店に並ばなかったと訴えています。

さらに書店に並んだのは、自費出版した人の地元だけで、新風舎は書店にて販売している事実を、自費出版した人に見せるために、近隣の書店には営業して本を置かせてもらったということは、安易に推測できるでしょう。


その後、自費出版した人の中には「800の書店に並ぶ」などの契約内容などについて、証拠になるものをもって新風舎に電話で抗議したら、逆に脅されたり、担当者が居ないなどと逃げ、まったく真摯な態度は無かったようです。


このような被害の報告は多数あり、自費出版詐欺商法として、新風舎は周知されています。

新風舎の自費出版詐欺商法に対して訴訟を起こしている団体もあります。

それでも2007年には、「新風舎・出版賞」を再度募集していた事実があります。

この「新風舎・出版賞」は、朝日新聞に広告を載せていて、自費出版を夢見る絵本作家や写真家、詩作家、小説作家など、新たな被害者が増え続けると思われていました。


2008年1月には、新風舎が手続きしていた民事再生法の適用は断念され、破産する方向に入っています。

新風舎が自費出版の契約をし、未出版になっている人は約900人いて、その前受け金は10億円にも及ぶと発表されています。



最新のニュースでは、新風舎は前受け金に関して、既に会社の資本だから返しても3%程度だとコメントしていたり、この期に及んで酷いモラルを露呈しています。

新風舎社長がコメントしたような自費出版著者への誠意など、全くの虚言だと言い切れるでしょう。

新風舎の動向は、又後日記事にまとめたいと思います。

jihisyuppann at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド