漫画出版販売

February 13, 2008

自費出版でなく無料出版【商業出版・企画出版】

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



出版する方法 商業出版・企画出版

自分の作品があるからには、自費出版ではなく、出版社に認められて無料で編集製本してもらえる、商業出版できる事が1番の希望ですよね。

絵本や写真集・自分史自伝・小説など、どのような形で商業出版してもらえるのか

とりあえず幾つかピックアップしてみました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



最も認知されている方法として出版社が企画している、小説や絵本・詩句などの様々な文芸大賞に応募し、受賞する事で出版してもらう方法があります。

一部公募文芸大賞などの場合は、賞を取れなくても出版してくれる場合もありますしね。

ただその場合も、自費出版・共同出版を持ちかけられた場合は、料金や費用などの契約内容には注意してくださいね。

ここ何年増加して、定番化している方法では、ブログや携帯小説からの書籍出版というケースがあります。

もちろん費用の自費出資のない、出版社100%出資の商業出版・企画出版です。

携帯小説やブログというものは、アクセス数というものが計れデータとして残ります。そしてそのデータでは、どのぐらいリピーターがいるとか読んでる人を統計化もできます。

つまり人気がある記事は目をつけられて、どんな形態で出版して、どの程度の売り上げが見込めるかも簡単に予測できるわけです。

最近では携帯より、紙媒体の本が読みやすいと言う意見も多く、書籍化されてから更に売り上げが爆発するケースも多いようです。


同様に、小説などの出版とは少し違うかもしれませんけど、自分の趣味を文章化できなくても、構成の簡単なブログなどで、情報を公開するだけでも出版される事はあります。

内容が有益なものなら、文章化と編集はプロがやればいいのですから。


余談ですが、最近ではこの流れで、サイトの売買というものも増えてきています。

有益な情報の多いサイトで人の集まっていないものはたくさんあります。

ネットならではのアクセスの誘導措置をしなければ、人の目に付かず埋もれてしまいますから、自費出版の書籍と同じですよね。


ちなみにブログの著作権は、ブログを書いた本人に著作権があると、ほとんどのブログ運営会社が規約に明記していたり、条文を追加してブログ記事著作権の所在を明らかにしています。


閑話休題。

ブログや携帯小説の書籍化出版を行なっている出版社では、ライブドアHDの「ライブドアパブリッシング」という出版社があります。

見城氏の幻冬舎子会社「幻冬舎ルネッサンス」との合弁のようです。

ライブドア事件で事業が止まっていましたが、2007年に再開して、携帯小説の書籍化をしています。

主にライブドアブログからブログ記事の書籍化を行なっています。

以前はホリエモンの著書が殆どでしたが、これからライブドアブログや携帯小説の書籍化が増えそうです。


最も普通の方法で商業出版を行うとすれば、出版社に原稿を持ち込むという方法があります。

全くなんの紹介も無く、原稿を出版社に持っていく事は勇気がいることですね。特に小説などは読み切るまでに時間もかかるので、編集者に読んでもらうまででも簡単には行きません。

逆に漫画などの場合は、短編読みきりのような物でも、自分の作品をアピールしやすいと言えるでしょう。

現在著名な漫画家などになっている人の中には、自分の書いた漫画原稿を何度も出版社に持ち込み、顔を覚

えてもらって、やっと作品に目を通してもらって、それから編集者の指摘を何度も修正する事で漫画のグレードを上げていって掲載までこぎつけた、というような話も少なくありませんでした。


漫画の商業出版に関しては、雑誌単位で新人賞を企画している出版社も多く、

別項目で紹介している「幻冬舎コミックス」などでは、賞の企画だけでなく、東京本社への原稿の持ち込みを受け付けている事をサイトでも明記してますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

jihisyuppann at 12:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド