自費出版出版社

April 13, 2008

自費出版の出版社2

自費出版出版社2


自費出版の出版社を一覧でご紹介します。


出版社名と短いコメント付きで、箇条書きにして大まかに見やすくしてみました。

順番は無作為です。新たに見つけたら追加しようと思います。


有名な出版社については、それぞれ掘り下げてページを作りますので、そちらもご覧下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

まぐまぐ自費出版−東京

メルマガで有名な「まぐまぐ」。校正は何度でも無料で、原稿の編集をプロのデザイナーが手がけるという高品質と、1冊227円からという自費出版の出版社の中でも低価格が売りの自費出版。メールマガジンを使った独自のプロモーションから、「amazon(アマゾン)」などのWEB書店とリアル書店両方で流通販売。「本が売れる仕組み」を無料で提供。


・パブリック・ブレイン−東京

スタッフは編集者中心で、編集に力を注いでいる。


・北斗社(ほくほくBOOK)−東京

自費出版したい写真集を小部数から。編集の相談にも無料で応じているようです。


・新風舎

「新風舎・出版賞」などを企画して、自費出版を提案していた出版社ですが、2008年1月に民事再生法の適用が困難で破産へ向かっています。新風舎が自費出版の契約をし、未出版になっている人は約900人いて、その前受け金は10億円にも及ぶと発表されています。


・文芸社 

東京都新宿区に本社のある自費出版の出版社で、書籍の自費出版を目指す人に向けて、無料の出版相談会を東京・大阪・名古屋・福岡など各地で行い、文芸社本社のある東京近郊では無料の執筆出版相談会を行っています。
その他、文芸社本社では作家による、書き方講座も無料で行なわれているようです。
自費出版の出版社では、最大手といってよいのではないでしょうか。トラブルの話も多いですが、実際出版して職業作家になっている人も多くいます。


・角川学芸出版 

角川グループの一社で、「俳句」「短歌」「学問」「学術」「芸術」「教養」「教育」を中心としたカテゴリーの出版社で、上記カテゴリーの自費出版も手がけています。


・碧天舎

2006年4月に倒産した自費出版・協力(共同)出版の出版社で、詩歌などのコンテストを企画していた。自費出版の契約をして未出版のままになった人は、200人以上と大きな被害を出しました。



自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ

jihisyuppann at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 14, 2008

自費出版の出版社(東京他)

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版の出版社を一覧でご紹介します。


出版社名と短いコメント付きで、箇条書きにして大まかに見やすくしてみました。

順番は無作為です。新たに見つけたら追加しようと思います。


有名な出版社については、それぞれ掘り下げてページを作りますので、そちらもご覧下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


幻冬舎ルネッサンス−東京

幻冬舎子会社でライブドアブログからの書籍出版を行なう「ライブドアパブリッシング」の共同出資出版社。自費出版の悪評を払拭する事を念頭において、一つ一つの作品と徹底的に向き合って編集・出版する事を掲げています。


・亜璃西社(ありす)Alice Inc.−北海道−

書籍の編集業務を主としている書籍自費出版社で、年史・記念誌などの企業出版、新聞や雑誌の記事作成などを行なっています。自費出版をしたい人には原稿内容の編集作業から、印刷所とのやり取りまでをサポートしてくれます。


東京図書出版会−東京

自費出版の書店流通費用が500部80万円ほどの見積もりから、内容によって更に格安になるようです。


・牧歌舎

自費出版の出版社の中で自己配布する部数の少ないものから、書店流通型まで対応。原稿の補正などの編集も行なう。アマゾンなどのサイトで検索にもヒットする。東京・大阪などにも拠点がある。


・Hon'sペンギン−東京

小説やエッセイ、詩集、写真集、画集、自分史・自伝、絵本、同人誌など幅広いジャンルの自費出版に対応している出版社。


・じゃあそれで堂−兵庫

最小50部、料金は低価格格安・11万円(一冊約2000円)から自費出版の見積もりが可能。原稿の企画からアドバイス。販売は「amazon(アマゾン)」などのネット販売で流通。長期間の販売が可能。


・Culture Publication −東京

自分史を一つの日本の文化に」がモットー。自費出版の出版社の中で特に自分史に関しては、信頼を得ている。回想療法士が監修・作成し、インタビュー形式による自分史プランを行なっている。自分史は作りたいが自分で文章を書くのが面倒、苦手という人に特化。


・村田博芳堂

真心こめた自費出版の手伝いをモットーに、自費出版したい人の原稿の一部を預かって、数頁の組見本を無料で進呈してくれるらしい。


・ブックワークス−東京

少部数の個人自費出版から書店流通まで対応。出版社ならではのノウハウで編集・製本を行なう。原稿から編集製本への前段階のアドバイスを「自費出版アドバイス」の無料配布にて行っている。
自費出版に関することに、無料で相談に乗ってくれるようです。




jihisyuppann at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 13, 2008

東京図書出版会

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

東京図書出版会


出版事業部の「東京図書出版会」と販売窓口業務を行なっている「リフレ出版」は東京文京区にあります。

漫画、写真集、絵本、などはもちろん、画集、小説、詩集、自分史・自伝や同人誌など、書店で販売できるものであれば、あらゆるジャンルの出版を受け付けており、CDやDVD付の出版も行なっているようです。


東京図書出版会で製本するには、最低原稿用紙40枚以上(約50頁の本の量)を目安としているようですが、絵本などなら10ページくらいから出版可能となっています。

原稿はCDなどでも受け付けてくれるみたいです。

原稿の審査は、東京図書出版会の編集部で審査し、企画で出版できるか、共同出版や自費出版をするかを決定し、だいたい2〜3週間後に返事が返ってくるようですが、東京図書出版会の原稿審査は厳格で、出版方針に合致しないものは出版をしない場合があるようです。

編集部の原稿審査によってある程度以上の部数販売が見込めると判断された時は、東京図書出版会が費用を全額負担しての商業出版となり、出版したい人は無料で書籍化してもらえるようです。

それに付随して、販売部数を更に伸ばせそうな場合は、東京図書出版会が全額負担して増刷してもらえるようです。

この場合でも、著作権はすべて自費出版をするために原稿を書いた本人である著者に帰属しますので、安心して販売する事ができます。


東京図書出版会で自費出版し発行された本は、書店・ネットどちらでも流通販売するようです。

郷土史などで、自費出版でも販売・流通を考えない場合は、簡素な体裁で原稿を編集して製本してもらえば、格安の価格で出版することができるようで、その場合でもISBNコードの取得と国会図書館への納本もしてもらえるようです。

jihisyuppann at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

自費出版 出版社 新風舎

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版を行っている出版社で、気になる会社

有名な会社を幾つかピックアップしたいと思います。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


新風舎

新風舎は、自費出版・共同出版を行なう出版社として有名な会社の一つで、東京都で創業し、東京南青山に本社がある出版社です。


新風舎は一般の人から出版したい原稿を持ち込んでもらって出版する事を目的に設立された出版社で、1996年から「新風舎出版賞」を企画して大手新聞や公募ガイドなどに広告を出すなどして、広く原稿を募集していました。

商業出版として利益ベースに乗らない作品でも、書籍化に必要な費用を著者に負担させる事で出版し、契約内容に関る料金計算などのトラブルから訴訟を起こされることが度々ありました。


新風舎は出版した書籍の広告を請け負う業務も行なっていて、書店陳列の契約に納得いかない著者などに、広告費用を追加負担させるシステムもあったようです。


新風舎から本を出版した人の中には、「うしろにいるのだあれ」の絵本作家「ふくだとしお」や「まさかさかさま」の絵本作家「伊藤文人」、オウム問題などで有名になった、「江川紹子」などもいて、彼女は新風舎から5冊著書を出版している事もあってか、新風舎が疑われている詐欺的な意見に反論していたようです。



新風舎は「新風舎出版賞」で大賞からもれた応募作品の著者に、自費出版での製本販売を提案する営業活動を行い、多くの出版契約を取り付けたが、悪徳商法として複数の書籍などで取り上げられるなどしたこともあり、2007年頃から経営が悪化、2008年1月には東京地方裁判所に申し立てていた民事再生手続も廃止され破産手続へと移行しています。

新風舎が出版契約をし、未だに出版されていない契約者は約1000人以上いると言われ、その前受け金の総額は10億円を超えるそうです。

この出版されていない著者の受け入れ先を探している動きもあるようですが、新風舎が破産した後、この自費出版の費用をすでに出している人たちがどの様になり、新風舎がどう賠償するのか注目したいところです。



この「新風舎」項目は新しいニュースが出てますので、

また後日、新情報を噛み砕いてご紹介したいと思います。

jihisyuppann at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド