自費出版方法

April 05, 2010

自費出版とはなんぞや

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版とは

自費出版とは、詩や小説、論文などの文章の執筆者、写真などであればその撮影者など、著者本人が費用を負担して出版する事で、紙媒体の書籍以外に、昨今ではPDFファイルなどの「E-BOOK」と呼ばれる電子書籍などでも販売されています。

同人誌や趣味で作った絵本、自分史・自伝、漫画など、比較的狭い範囲で流通しています。


一般の有人書店や「amazon(アマゾン)」などのWEB書店で、普段目にする書籍などの出版物は、出版社が編集や製本販売営業などの費用を負担している「商業出版」と呼ばれるもので、自費出版と区別されます。


もともと自費出版とは、会社や団体などが沿革史や記念誌を製本する「企業出版」や、郷土史、個人の詩句・自分史自伝・同人誌などの漫画・アルバムに近い写真集・画集などある程度限られた人間に配る事を目的とした出版物がほとんどでした。

市場で販売・流通させても利益にならない自費出版による出版物は、当然多くの出版社では編集から製本までの、出版に関る作業を引き受ける事も稀で、印刷会社が個人から請け負う形で製本される事がほとんどでした。


自費出版とは、市場で販売して利益を期待できない、流通させる事を目的としていない出版物なわけですね。

流通させるという部分で、自費出版を考えている人が知っておかなくてはならない事は、商業出版では出版社が宣伝営業してくれるという事です。

商売をしていたりしなければ考え気づく機会も無いかもしれませんが、まず書店に本が並ぶには、営業をかけて本を注文してもらわなくてはなりません。

しかもほとんどの本は委託販売で、書店が買い取る場合はほとんどなく、たとえ書店まで本が行ったとしても、売り場のスペースは限られているし、棚の中に並んで埋もれ、売れないまま日々出版されている新しい本と入れ替わって返品される事がほとんどなのです。

自費出版を行なった場合、出版社のほとんどは製本した時点で利益を確定しています

出版した本の販売に力を入れるより、新たな出版希望者を探し、契約する営業に力を入れるのが営利団体としての自然な流れなわけです。


つまり自費出版の本とは、営業マンのいない商品を作る事だと踏まえておくべきではないかと思います。


新聞や雑誌などで「自費出版の原稿募集」という言葉を見かけ始めたのは、1990年代頃からでしょうか。

趣味で漫画や小説、絵本・詩・句・写真・画集などを製作している人は、次第に作品もたまり、書き溜めたものをまとめたい、正しく製本された作品として残したいと思うでしょう。そしてできれば多くの人に見てもらい、多くの人に認めてもらいたいと。


そういった人の増加と、インターネット媒体が生まれた事での出版不況が背景となり、自費出版を請け負う出版社のビジネスモデルが生まれたと言われています。


2000年頃からは、公募ガイド系の雑誌や、新聞広告などで出版賞の募集なども各出版者などで大々的に広告を出すようになり、自費出版のビジネスモデルは定着してきたような気がします。

それと同時に「新風舎」や「文芸社」などと自費出版にまつわるトラブルや訴訟問題も出てくるようになりました。


自費出版を受け付けている出版社は多くあります。それぞれ印刷編集などの出版費用の料金体系や販売方法は違います。

自費出版は、ニュースなどで訴訟問題が多く取り上げられていて、「文芸社商法」などと悪徳商法だと各所で言及されている事から、言葉自体に詐欺的なイメージが付き始めている部分もありますが、目的と費用を理性的に考えて納得のいく出版を行なう方法は確かにあります。


このサイトが自費出版を考えている人に有用な情報を提供できていればと思います。


jihisyuppann at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

April 13, 2008

自費出版の出版社2

自費出版出版社2


自費出版の出版社を一覧でご紹介します。


出版社名と短いコメント付きで、箇条書きにして大まかに見やすくしてみました。

順番は無作為です。新たに見つけたら追加しようと思います。


有名な出版社については、それぞれ掘り下げてページを作りますので、そちらもご覧下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

まぐまぐ自費出版−東京

メルマガで有名な「まぐまぐ」。校正は何度でも無料で、原稿の編集をプロのデザイナーが手がけるという高品質と、1冊227円からという自費出版の出版社の中でも低価格が売りの自費出版。メールマガジンを使った独自のプロモーションから、「amazon(アマゾン)」などのWEB書店とリアル書店両方で流通販売。「本が売れる仕組み」を無料で提供。


・パブリック・ブレイン−東京

スタッフは編集者中心で、編集に力を注いでいる。


・北斗社(ほくほくBOOK)−東京

自費出版したい写真集を小部数から。編集の相談にも無料で応じているようです。


・新風舎

「新風舎・出版賞」などを企画して、自費出版を提案していた出版社ですが、2008年1月に民事再生法の適用が困難で破産へ向かっています。新風舎が自費出版の契約をし、未出版になっている人は約900人いて、その前受け金は10億円にも及ぶと発表されています。


・文芸社 

東京都新宿区に本社のある自費出版の出版社で、書籍の自費出版を目指す人に向けて、無料の出版相談会を東京・大阪・名古屋・福岡など各地で行い、文芸社本社のある東京近郊では無料の執筆出版相談会を行っています。
その他、文芸社本社では作家による、書き方講座も無料で行なわれているようです。
自費出版の出版社では、最大手といってよいのではないでしょうか。トラブルの話も多いですが、実際出版して職業作家になっている人も多くいます。


・角川学芸出版 

角川グループの一社で、「俳句」「短歌」「学問」「学術」「芸術」「教養」「教育」を中心としたカテゴリーの出版社で、上記カテゴリーの自費出版も手がけています。


・碧天舎

2006年4月に倒産した自費出版・協力(共同)出版の出版社で、詩歌などのコンテストを企画していた。自費出版の契約をして未出版のままになった人は、200人以上と大きな被害を出しました。



自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ

jihisyuppann at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 14, 2008

自費出版の出版社(東京他)

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版の出版社を一覧でご紹介します。


出版社名と短いコメント付きで、箇条書きにして大まかに見やすくしてみました。

順番は無作為です。新たに見つけたら追加しようと思います。


有名な出版社については、それぞれ掘り下げてページを作りますので、そちらもご覧下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


幻冬舎ルネッサンス−東京

幻冬舎子会社でライブドアブログからの書籍出版を行なう「ライブドアパブリッシング」の共同出資出版社。自費出版の悪評を払拭する事を念頭において、一つ一つの作品と徹底的に向き合って編集・出版する事を掲げています。


・亜璃西社(ありす)Alice Inc.−北海道−

書籍の編集業務を主としている書籍自費出版社で、年史・記念誌などの企業出版、新聞や雑誌の記事作成などを行なっています。自費出版をしたい人には原稿内容の編集作業から、印刷所とのやり取りまでをサポートしてくれます。


東京図書出版会−東京

自費出版の書店流通費用が500部80万円ほどの見積もりから、内容によって更に格安になるようです。


・牧歌舎

自費出版の出版社の中で自己配布する部数の少ないものから、書店流通型まで対応。原稿の補正などの編集も行なう。アマゾンなどのサイトで検索にもヒットする。東京・大阪などにも拠点がある。


・Hon'sペンギン−東京

小説やエッセイ、詩集、写真集、画集、自分史・自伝、絵本、同人誌など幅広いジャンルの自費出版に対応している出版社。


・じゃあそれで堂−兵庫

最小50部、料金は低価格格安・11万円(一冊約2000円)から自費出版の見積もりが可能。原稿の企画からアドバイス。販売は「amazon(アマゾン)」などのネット販売で流通。長期間の販売が可能。


・Culture Publication −東京

自分史を一つの日本の文化に」がモットー。自費出版の出版社の中で特に自分史に関しては、信頼を得ている。回想療法士が監修・作成し、インタビュー形式による自分史プランを行なっている。自分史は作りたいが自分で文章を書くのが面倒、苦手という人に特化。


・村田博芳堂

真心こめた自費出版の手伝いをモットーに、自費出版したい人の原稿の一部を預かって、数頁の組見本を無料で進呈してくれるらしい。


・ブックワークス−東京

少部数の個人自費出版から書店流通まで対応。出版社ならではのノウハウで編集・製本を行なう。原稿から編集製本への前段階のアドバイスを「自費出版アドバイス」の無料配布にて行っている。
自費出版に関することに、無料で相談に乗ってくれるようです。




jihisyuppann at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 13, 2008

自費出版の方法にはなんぞある

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版の方法について、どの様な製本・販売方法があるのでしょう。

ご存知の部分もあるかと思いますが、

ここでは簡単にお話したいと思います。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


自費出版の印刷・製本・流通の方法は幾つかあります。

「文芸社」「新風舎」のように賞を企画し、一般公募した原稿を有人書店で販売するところまで一貫して行なう出版契約が有名ですが、そもそもの自費出版は広く流通する事を前提としていないので、原稿の編集作業、印刷、流通方法それぞれを違う会社で行なってもらう事のほうが自然です。


ネットが普及した事で、「まぐまぐ自費出版」のように、インターネット上で本にしたい原稿・写真を受けつけ、製本された出版物を著者に直接送る形の自費出版方法が広まりつつあります。


最近注目されている自費出版の方法として、「オンデマンド出版」という出版方法があります。

この「オンデマンド出版」というのは、出版したい原稿・写真・画集などを、まずデジタル化します。そのデジタル化した内容を注文が入ってからアナログ化し、印刷・製本し出版するという方法です。

自費出版の方法として「オンデマンド出版」が優れている点は、1冊から製本する事ができ、自費出版の悩みの一つである不良在庫のリスクを減らせる事と、とりあえず製本された形にしたい場合、費用が少なくて済むという点です。


インターネットを利用した自費出版の方法では、電子書籍による「デジタル出版」という方法もあります。

「E-BOOK(イーブック)」と言われて認知が高まっている出版方法ですが、当初「情報商材」などの販売で多く利用されて広まりました。

「E-BOOK(イーブック)」での出版方法の利点は、出版するのに殆どコストがかからず、読者であるエンドユーザーへ直接販売できる点です。自費出版の方法では、もっとも費用がかかりません。ただ紙媒体のように規定の販売ルートが幅広くなく、現段階において個人で流通させるには、それなりに知識が必要になる出版方法です。


インターネット使った自費出版の方法で、有人書店や「amazon(アマゾン)」などの大手WEB書店での店頭販売が困難である点の一つは、「日本図書コード(含ISBN)」と「書籍JANコード」が取得できているかという点です。

書籍の管理に必要なコードなので、これが無ければほとんどの書店で取り扱われる事は無いと思っていいはずです。

一般に流通している出版物にはほとんどありますが、バーコード化されているので知らなければ気づく事はあまり無いでしょうね。

「日本図書コード(含ISBN)」と「書籍JANコード」は個人でも登録申請できますので、詳しくは「日本図書コード管理センター」「流通システム開発センター」などで調べてみて下さい。


インターネットを使った自費出版の方法ではありませんが、ネット上にある自費出版の方法では、ほかに通信講座というものもあります。

実は10年以上前に資料を請求して読んだ事がありますけど、最近の講座は書き方など作品の内容より、売り込み方などのノウハウを中心にしているものが多いような気がします。

今や自費出版産業は需要も供給も成熟していますからね、どんなにいい作品だって埋もれやすいというのは事実だと思います。

そんな時代ですから、出版社や編集者の目に留まるノウハウは是非知りたいところです。


自費出版の方法ではなく、出版した後になるのですが。

出版された書籍は、国立国会図書館に納入しなければならない事になっています。

国立国会図書館というと、漠然と敷居が高くて「自分の作品なんかがいいのだろうか」などと尻込みしそうですが、実は国立国会図書館へ出版物を納入するのは、法的に定められた義務なのです。

「国立国会図書館法 第二十五条」では「文化財の蓄積及びその利用に資するため、発行の日から三十日以内に、最良版の完全なもの一部を国立国会図書館に納入しなければならない」と定められています。

ほとんど誰も知らない自分の作品であっても、胸を張って納入に行きましょう。

jihisyuppann at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド