自費出版無料相談

April 13, 2008

自費出版の出版社2

自費出版出版社2


自費出版の出版社を一覧でご紹介します。


出版社名と短いコメント付きで、箇条書きにして大まかに見やすくしてみました。

順番は無作為です。新たに見つけたら追加しようと思います。


有名な出版社については、それぞれ掘り下げてページを作りますので、そちらもご覧下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

まぐまぐ自費出版−東京

メルマガで有名な「まぐまぐ」。校正は何度でも無料で、原稿の編集をプロのデザイナーが手がけるという高品質と、1冊227円からという自費出版の出版社の中でも低価格が売りの自費出版。メールマガジンを使った独自のプロモーションから、「amazon(アマゾン)」などのWEB書店とリアル書店両方で流通販売。「本が売れる仕組み」を無料で提供。


・パブリック・ブレイン−東京

スタッフは編集者中心で、編集に力を注いでいる。


・北斗社(ほくほくBOOK)−東京

自費出版したい写真集を小部数から。編集の相談にも無料で応じているようです。


・新風舎

「新風舎・出版賞」などを企画して、自費出版を提案していた出版社ですが、2008年1月に民事再生法の適用が困難で破産へ向かっています。新風舎が自費出版の契約をし、未出版になっている人は約900人いて、その前受け金は10億円にも及ぶと発表されています。


・文芸社 

東京都新宿区に本社のある自費出版の出版社で、書籍の自費出版を目指す人に向けて、無料の出版相談会を東京・大阪・名古屋・福岡など各地で行い、文芸社本社のある東京近郊では無料の執筆出版相談会を行っています。
その他、文芸社本社では作家による、書き方講座も無料で行なわれているようです。
自費出版の出版社では、最大手といってよいのではないでしょうか。トラブルの話も多いですが、実際出版して職業作家になっている人も多くいます。


・角川学芸出版 

角川グループの一社で、「俳句」「短歌」「学問」「学術」「芸術」「教養」「教育」を中心としたカテゴリーの出版社で、上記カテゴリーの自費出版も手がけています。


・碧天舎

2006年4月に倒産した自費出版・協力(共同)出版の出版社で、詩歌などのコンテストを企画していた。自費出版の契約をして未出版のままになった人は、200人以上と大きな被害を出しました。



自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ

jihisyuppann at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド