自費出版詐欺

March 03, 2008

自費出版の詐欺 訴訟 トラブル 自費出版商法とは?

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版という言葉には、

詐欺やトラブル、訴訟という言葉が付いて回っています。


自費出版商法とは何なのか、

ここでは自費出版でのトラブルや訴訟、

詐欺
と呼ばれる事について考察してみたいと思います。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

自費出版を希望する場合に、費用を出版社側が50%程度を負担する「共同出版」という物があります。

しかし、「共同出版」「協力出版」という契約方法で、多額の見積もり料金を提示されたり、希望する形の製本が出来ていないなどの被害や、詐欺まがいの商法で出版社側と自費出版する著作者が、訴訟問題に発展して争う場合も多くあります。


まぐまぐ自費出版は、詐欺まがいの商法などで、トラブルの多い共同出版は一切行なわない方針で、出版に関わる費用のすべてを自費出版する著者が負担し、印刷・製本した本すべてが自費出版した著者のものという純粋な自費出版サービスで、詐欺などの自費出版トラブルの被害が出ないスタンスを明示しているという一点では安心感があります。


自費出版に関係する訴訟・トラブル・被害は、1990年代に出版社が自費出版をビジネスモデルとして行ない始めた頃からありました。


自費出版の訴訟トラブルなどが多く出始めたのは、「新風舎」が「新風舎出版賞」を企画して原稿を募集し始めた1996年頃からで、大手新聞広告などで掲載された事もあって、応募者が出版社を信用しやすい点も一つの原因ではないでしょうか。


自分の作品を多くの人に見てもらい認められたい、そんな夢と、豊かな印税生活を期待する気持ち。大賞をとれなかった著者にとって、その賞を主催している出版社から「大賞は逃したが、あなたの作品は埋もれさせるには惜しい」などと持ち掛けられれば、殆どの人は出版する事に前向きになるのではないでしょうか。
それが自費出版に関係する訴訟・トラブル・被害を生みだす根幹となります。

人は夢が実現するような魅力の前で、現実的な判断は狂いやすい状況にあります。自費出版するリスクはぼやけ、詐欺的な契約内容にも気づきにくいかもしれません。


自費出版で詐欺やトラブルにならない為に、何を踏まえておかなければならないでしょう?


自費出版を中心に行なっている出版社というのは、大前提として会社で営利団体ですよね。

営利団体であるという事は、会社の事業は利益を出さなければなりません。

自費出版とは基本的に流通させても、利益をだす可能性が低い出版物です。

利益が出ないものに出版社が料金の一部を出す事は考えられません。会社が事業を継続できなくなりますからね。

それではどうやって利益を生み出すか。

出版したがっている人に自費出版で編集から製本・販売までかかる出版費用のすべてを負担してもらい、さらに会社の利益を上乗せしなければならないという事です。


著者が自費出版して本を販売する事で、本人は印税で回収しようとするでしょうが、出版社側は製本して出版できる段階になった時点で利益が出ていなければビジネスモデルとして成立しないのです

出版社側が訴訟を起こされ、トラブルになっている点は、製本されたものの品質が悪かったり、編集がいい加減であったり、書店に並ばないといった契約内容との相違ですが、そういった経費をかけていては収益が生まれないのです。

商業出版されているものは、販売される数が増える前提で出版しているので経費を回収できますけど、自費出版は売れることを前提としていないのです。


出版社が出版契約にもっていくために、この点を巧妙に営業することは容易に想像がつきますよね。


自費出版の訴訟で著者側が訴える点で、書店に並ばないという点もよく言われていることです。

「自費出版とは」の項目で書きましたが、書店に並べるという行為自体の捉え方も、出版社側と著者の間の捉え方に違いがあり、そこがトラブルの要因の一つでもあるとも考えられます。


自費出版商法で有名な「新風舎」は倒産の方向になっていますが、自費出版の大手出版社では「文芸社」という出版社が未だ事業継続していますし、他にもたくさんの会社があります。



これから自費出版を考えている人は、詐欺的なことや訴訟トラブルにならないように、自費出版とは何なのかを客観的に捉え、慎重に出版契約を行なっていただきたいと思います。

ブログ検索テクノラティ

jihisyuppann at 16:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

February 13, 2008

文芸社 自費出版 出版社

自費出版を格安にする出版社・費用・販

売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ



自費出版を行っている出版社で、気になる会社

有名な会社を幾つかピックアップしたいと思います。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

文芸社


東京都新宿区に本社のある、自費出版・共同出版を手がける出版社で、書籍の自費出版を目指す人に向けて、無料の出版相談会を東京・大阪・名古屋・福岡など各地で行い、文芸社本社のある東京近郊では無料の執筆出版相談会を行っています。

その他、文芸社本社では作家による、書き方講座も無料で行なわれているようです。


インターネットや新聞広告、または文芸社が企画する無料の出版相談会などを通じて、一般の人から原稿を募集していますが、文芸社の売り上げの半分ほどはこういった広告費などに使用されているようです。


文芸社に原稿を持ち込んで販売し、ベストセラーになった小説家は、2001年に『リアル鬼ごっこ』でデビューし、映画化もされる「山田 悠介」や、「心霊探偵 八雲」「赤い隻眼」で小説家デビューした「神永 学」などがいて、現在も小説が漫画化されたりするなどして活躍しているようです。

作品が多くの人に受け入れられた点は別にして、自費出版に関った文芸社を考える論点としては、「山田 悠介」の『リアル鬼ごっこ』にしても、文章表現として明らかに誤っているものや不自然なものが多く、文芸社が文章の編集にまったく関心が無かったのではないかと自然に想像しました。


その他文芸社の作品では、「おばあさんの反乱〜遺産はだれのモノ?」などに代表される、テレビ朝日系列にて放映されている「文芸社新春ドラマスペシャル」などの原作に使用される例もあります。



新聞等で自費出版・共同出版の広告を多く出している文芸社は、原稿を持ち込んだ一般執筆者などとトラブルになる事も多く、自費出版を希望する人からの出版費用で会社の利益を上げる文芸社のビジネスモデルは「文芸社商法」と呼ばれていて、ネット上のサイトや悪徳商法関連の本などでも取り上げられています。


2008年1月からは、文芸社から書籍をだした小説家の対談や、「文芸社ドラマスペシャル」の製作余話、文芸社が催している「書き方コラム」などの内容の「ことのは」という無料雑誌を創刊して、自費出版希望者に新たなアピールをはじめています。


文芸社は「社団法人 日本図書館協会」「財団法人 出版文化産業振興財団」に加盟する会社で、「文芸社フェニックス大賞」を主催して出版できる原稿を募集しています。

「文芸社フェニックス大賞」で大賞をとると、文芸社から企画出版(出版費用が文芸社全額負担)されるようですが、大賞の出ない場合もあるようです。

その他自費出版でなく、著者が出版費用をださない、文芸社負担の無料出版の企画も2007年に行なわれていたようです。


文芸社の自費出版トラブルに関する記事は、自費出版訴訟トラブルのほうに掲載していきますので興味があればご覧下さい。

jihisyuppann at 14:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

自費出版 出版社 新風舎

自費出版を格安にする出版社・費用・販売の方法 - livedoor Blog 共通テーマ


自費出版を行っている出版社で、気になる会社

有名な会社を幾つかピックアップしたいと思います。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


新風舎

新風舎は、自費出版・共同出版を行なう出版社として有名な会社の一つで、東京都で創業し、東京南青山に本社がある出版社です。


新風舎は一般の人から出版したい原稿を持ち込んでもらって出版する事を目的に設立された出版社で、1996年から「新風舎出版賞」を企画して大手新聞や公募ガイドなどに広告を出すなどして、広く原稿を募集していました。

商業出版として利益ベースに乗らない作品でも、書籍化に必要な費用を著者に負担させる事で出版し、契約内容に関る料金計算などのトラブルから訴訟を起こされることが度々ありました。


新風舎は出版した書籍の広告を請け負う業務も行なっていて、書店陳列の契約に納得いかない著者などに、広告費用を追加負担させるシステムもあったようです。


新風舎から本を出版した人の中には、「うしろにいるのだあれ」の絵本作家「ふくだとしお」や「まさかさかさま」の絵本作家「伊藤文人」、オウム問題などで有名になった、「江川紹子」などもいて、彼女は新風舎から5冊著書を出版している事もあってか、新風舎が疑われている詐欺的な意見に反論していたようです。



新風舎は「新風舎出版賞」で大賞からもれた応募作品の著者に、自費出版での製本販売を提案する営業活動を行い、多くの出版契約を取り付けたが、悪徳商法として複数の書籍などで取り上げられるなどしたこともあり、2007年頃から経営が悪化、2008年1月には東京地方裁判所に申し立てていた民事再生手続も廃止され破産手続へと移行しています。

新風舎が出版契約をし、未だに出版されていない契約者は約1000人以上いると言われ、その前受け金の総額は10億円を超えるそうです。

この出版されていない著者の受け入れ先を探している動きもあるようですが、新風舎が破産した後、この自費出版の費用をすでに出している人たちがどの様になり、新風舎がどう賠償するのか注目したいところです。



この「新風舎」項目は新しいニュースが出てますので、

また後日、新情報を噛み砕いてご紹介したいと思います。

jihisyuppann at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

Yahoo!ブッ

クマークへ Yahoo!ブックマークへ
RSSMy Yahoo!に追加
Add to Google
QRコード
QRコード
タグクラウド